コトブキ通信

Vol.38-1 「犬のしつけ~怒り方~についてのお話」

コトブキ通信
いいね!
1 Star
読み込み中...

コトブキ通信 Vol.38-1「犬のしつけ ~怒り方~ についてのお話」

担当:真次

 

躾 ~怒り方について~

躾は犬と人間が共存するこの世の中で必要不可欠な事です。
自分自身の普段の怒り方を振り返ってみましょう。
皆さん、わんちゃんにいたずらをされ、名前を呼んで怒ったり、軽く叩いてしまった事などはありませんか?!
それ、実は間違っています!!

まず、何かいたずらをされ「〇〇(名前)ダメ!!、いけない!」など名前をつけて怒ってしまうと、「名前を呼ばれる→怒られる」と学習してしまい、普通に接したい時に近寄って来てくれなかったり、名前を呼んでも無視されてしまう、などといった事の原因になってしまいます。

また、叩いて怒るという行為は、自分に気を向かせる為の大事なポイントになる場合もありますが、わんちゃんに恐怖心を与えてしまうので、人が手を動かすだけでビクビクするようになってしまいます。
手はなるべくあげないよう心がけてあげましょう!

怒り方のコツ

まず、怒るコマンドは1つにしましょう。
1つに絞る事によって、わんちゃんが覚えやすくなります。
言葉は短く、ハッキリ大きく低めの声で言うのがポイントです!
「いけない」などと何回言っても聞かない時は、壁を手や雑誌で叩き、音を出すと良いでしょう。
物音を立てたり、いつもと違う表情、低い声で怒られる事によって、徐々にいけない事の分別ができるようになっていきます。
ですが、怒るタイミングが数秒でもずれてしまうと、何で怒られているのか理解できなくなってしまい、ただただ苦痛を与えるだけになってしまうので、気を付けましょう!

また、興奮している時に怒るのは逆効果です!
ずっと吠えたりしても、無視しましょう。
怒ってしまうと、かまってくれると思ったり、ヒートアップさせてしまいます!
無視をし続けて静かになったら、いつものように触れ合ったり、おやつをあげたりしても良いかもしれませんね☆

正しい怒り方で、今よりももっと仲良く、楽しい関係を築けると良いですね!
むやみやたらに怒らず、いたずらの原因を考えるところから始めてみましょう!!

いいね!
1 Star
読み込み中...
ページトップへ