コトブキ通信

Vol.2 「お家への日々のお手入れ方法」

トリミング通信

トリミング通信 Vol.2

「お家での日々のお手入れ方法」

担当:久保田

 

普段、生活をしていてワンちゃんやネコちゃんの体に毛玉や毛もつれができていたなんて事はありませんか?

毛玉が常に皮膚を引っ張るので、痛みもあり、皮膚炎を起こす事もあります。

人気のトイプードルや、被毛の多い子、からまりやすい子、抜け毛が多い子など…。

ワンちゃんやネコちゃんの為にもブラッシングを初めてみませんか?

ブラッシングをする事で皮膚・被毛をキレイにできて、マッサージ効果もあります。

 

◎準備するもの

・スリッカー

ほとんどの犬種に使用可。

全面についている針金状のピンには固さの種類があり、ソフトとハードがあります。

ソフトの方が使いやすく、ケガも少ないです。

 

・コーム

スリッカーで毛をとかした後や、短い毛の子に使います。

コームの目が粗いものと細かいものがあります。

両方一緒になっているコームを当トリミングルームでは使用しています。

 

◎ブラッシング方法

スリッカーの柄をえんぴつ持ちして、まずは自分の腕で力加減を確かめます。

痛い?痛くない?

※画像の図①参照

 

色々な方向にとかしてあげましょう。

【ポイント】

スリッカーの針金状のピンで皮膚を傷つけないように、皮膚と並行にとかしましょう。

プードルのような巻き毛の子は毛をかきわけて、根本からとかしましょう。

※画像の図③参照

 

絵は毛玉・毛もつれのよくできてしまう部分です。

耳のつけ根、尾のつけ根、口まわり、脇(内股)、足先、お腹

毛玉・毛もつれを見つけたら、スリッカーで無理矢理ひっぱらずに、毛玉を指で持ち、スリッカーでとかしましょう。

※毛玉を指でほぐすのもOKです。

とかせたら、コームで全身をとかして、引っ掛かりがなくなったら、ブラッシング終了です♪

※画像の図③参照

 

ワンちゃんやネコちゃんの毛玉、毛もつれが取れなかったり、ブラッシングを嫌がってしまった時は、

無理に続けずに、当トリミングルームに来ていただければ、毛玉¥525~お取りできますので、

お気軽にスタッフまでお申しつけください!!

ページトップへ