コトブキ通信

Vol.43「肝臓について」

コトブキ通信
いいね!
1 Star
読み込み中...

コトブキ通信 Vol.43「肝臓について」

担当:真次様

肝臓について
肝臓には沢山の機能があり、生きていくために欠かせない臓器です!
では、どのような働きをしてくれているのでしょうか!?

代謝機能

体に取り入れた栄養素は胃や腸で、消化吸収され、肝臓に送られます。
肝臓はそれらを体のそれぞれの臓器で血液に送ります。

 

貯蔵機能

食べ物から取り入れたブドウ糖(エネルギー源となるもの)を貯蔵できる形にしておき、必要な時にブドウ糖に変えて全身に送ります。

 

分泌機能

肝汁を分泌して消化を助けます。

 

解毒機能

体内に取り入れてしまった有毒物質などを分解して無毒化します。

 

血液凝固機能

血液凝固に関わっている「凝固因子」を作っています。

肝臓は予備能力が高い期間でもあり、症状が現れた時には、かなり進行している事が多いです。
その為、早期発見が難しいと言えます。1番の対策は健康診断です。

【症状】

・元気や食欲がない。
・体重が落ちた
・目や歯茎が黄色くなる(黄疸)

 

【治療】

肝臓病は様々な要因で引き起こされます。
この病気は肝臓自体よりも、他の病気が原因で起こる事も多い為、その場合はまず原因となっている病気の治療が必要になります。
肝臓は再生が可能な臓器なので、肝臓にかかる負担を少なくして、再生し必要な事を適切に行えば、肝機能を元に戻す事も期待できおます。
発見が少し遅れてしまっても、しっかりと治療をし、健康的な体づくりを目指しましょう!!

いいね!
1 Star
読み込み中...
ページトップへ