病気について

猫の心筋症について

何か元気がない・食欲がない

心筋症は、心筋(心臓の筋肉)が、厚くなったり薄くなったりするなどの異常が生じて、心臓の働きが弱くなる病気です。また、血流が悪くなることで心臓内に血栓(血の固まり)ができることがあり、それが心臓から出て動脈血管に詰まる(血栓塞栓症)と、血栓が詰まった先の足などに突然麻痺が起きたりする可能性があります。

 

症状

初期症状はほとんどなく、進行すると運動を嫌がるようになります。心筋症になると、初期にはほとんど症状が見られなく、元気や食欲が少し低下しているかな?という程度ですが、病状が進んでくると、ぐったりとうずくまることが多くなり、運動を嫌がるようになります。また、肺水腫や胸水による咳、呼吸困難などの症状が現れることもあります。

 

原因

原因は不明で、拡張型心筋症はタウリンの欠乏が関与しています。心筋症は、症状によって「肥大型」「拡張型」「拘束型」の3つに分けられます。このなかで特に多いのは、心臓の筋肉が厚くなっていく「肥大型心筋症」です。心筋症の原因の多くは不明ですが、「拡張型心筋症」の場合は、原因の1つとして、タウリンの欠乏が関係して発症することがわかっています。現在は栄養基準を満たしたフードの普及によって発症数は減少する傾向にありますが、この拡張型心筋症は遺伝が関係している場合もあるといわれています。

 

治療

根本的な治療はなく、それぞれの症状にに合った薬剤を投与して症状を緩和する。心筋症自体を根本的に治す方法はありません。そのため、それぞれの心筋症の型に合わせて、血管拡張薬や利尿薬、また血栓を予防する薬剤などを投与して、症状を和らげていく治療をします。

 

予防

早期発見・早期治療に努めること!心筋症の原因はよくわかっていないため、予防する方法はありません。上記の症状が見られたら、すぐに病院に連れて来て頂き、早期発見・早期治療を心がけることがとっても大切です。

もっと分かりやすくコトブキ通信Vol.28に載っています!

ページトップへ