病気について

膝蓋骨脱臼について

足をつけない・足をひきずる
いいね!
1 Star
Loading...

犬の膝蓋骨脱臼は、後肢(後ろ足)の膝蓋骨(ひざの関節のお皿)が、滑車溝といわれる正常な位置から内外へはずれてしまう(脱臼する)状態をいいます。症状の進行にあわせて様々な症状が見られますが、初期は無症状の場合が多く、進行すると、だんだんと患部の足を上げて歩くことが多くなります。超小型犬~小型犬に多く発症します。

 

症状

脱臼した足を浮かせて歩くようになる膝蓋骨脱臼の症状は、その進行によって4段階のグレードに分けられます。

グレード1では、脱臼しても自然と正常な状態に戻ることが多く、無症状で気づかない場合が多いです。

グレード2では、時々脱臼した足を浮かせて跛行しますが、犬が足を伸ばしたり、人間が手をかせば簡単に整復でき、日常生活にそれほど大きな支障はありません。しかし特に治療せず放置すると、骨が変形し、靭帯が伸びるなどして進行します。

グレード3では、脱臼していることが多く、整復してもすぐに脱臼した状態になるため、脱臼した側の足を挙げて跛行することが多くなります。

グレード4では、常に脱臼している状態となり、元に戻すことができず、ひざを曲げたままの状態で歩くといった歩行異常が見られるようになります。

膝蓋骨脱臼は、様々な犬種で発生しますが、特にトイ・プードル、ポメラニアン、ヨークシャー・テリア、チワワ、マルチーズなどの小型犬によく見られます。

 

原因

先天性のものは小型犬に多く、後天性のものは打撲や落下などが原因。膝蓋骨脱臼になる原因としては、先天性のものと後天性のものがあります。先天性のものでは、生まれつき膝関節のまわりの筋肉や骨・靭帯の形成異常などがあることが原因です。これは先述の小型犬によく見られます。後天性のものでは、打撲や高所からの落下などによる外傷などが原因となります。

 

治療

初期の段階で日々の生活を送る上での予防が大切!グレード3以降になると、外科手術をなるべく早期に行うことが重要となってきますが、それ以前に跛行したり、度々、膝蓋骨が脱臼することがあると思いますので、早期に予防してもらうことが最も大切となります。痛みがある場合は、消炎鎮痛剤を投与し、炎症を取り除きます。その後はサプリメントなどで関節を強くしていきます。

 

予防

膝に負担をかけないことが重要。フローリングにはじゅうたんやマットを敷く。

膝蓋骨脱臼を予防するには、膝に負担をかけないことが大切です。フローリングなどの硬くてすべりやすい床は膝への負担がかかりやすいので、特に小型犬の子犬を室内飼育する場合は、じゅうたんやマットなどを敷くと良いでしょう。その他にも、ボール遊びや走り回ったりすることで行う急な方向転換、ソファや階段の上り下りや、傾斜のある坂道を歩いたり、飛び石や砂利道など、膝に負担がかかるようなことは極力控えましょう。

そして、ワンちゃんの足裏の毛や爪の伸びすぎによっても、フローリングなどで滑ったりなどして痛めてしまうこともありますので、きちんとお手入れしましょうね!

もっと分かりやすく、コトブキ通信vol.2に載っています!

いいね!
1 Star
Loading...
ページトップへ