コトブキ通信

Vol.18  「猫の泌尿器4大疾患 慢性腎不全についてのお話」

コトブキ通信
いいね!
1 Star
読み込み中...

コトブキ通信 Vol.18「猫の泌尿器4大疾患 慢性腎不全のお話」

担当:加藤

 

ネコ泌尿器4大疾患のひとつ「慢性腎不全」について

〇多く見られる症状としては…
・脱水
・食欲不振
・嘔吐
・貧血
・多飲多尿

これらの症状は、ゆっくりと進行し、重症にならないと症状が出にくいのです!!
そして高齢により、腎機能が低下してくる為、7~8歳くらいから増加してきます。
※慢性腎不全のほとんどは、病気がかなり進行している状態で見つかる事が多いです。

腎臓はとっても頑張り屋なので、片側の腎臓だけでも十分に機能を果たす事ができますが、両側の腎臓の機能をする力が3/4からそれ以上、失われてしまうと、
老廃物の排出が困難となり、全身に悪影響を及ぼします。

 

☆早期発見のために

皆さんがネコちゃんの具合が悪そうと来院されてから発見される場合ですと、症状がかなり進行している事が多いです。
定期的な血液検査を行い、初期の段階から適切な処置を行いましょう!!

 

☆日常で気を付ける事!!

・お水を飲ませる工夫をしましょう。
・トイレでの尿の音や固まりの大きさをチェック!!

お水だけで飲まない子は、ドライフードに缶詰めを少し混ぜたりして与えるとGood!!

いいね!
1 Star
読み込み中...
ページトップへ