コトブキ通信

Vol.7-2 「ダイエットへの道」

コトブキ通信
いいね!
1 Star
読み込み中...

コトブキ通信

Vol.7-2「ダイエットへの道」

担当:加藤

 

<ダイエットへの道!>

①Vol.7-1に載っている、肋骨の確認ができない場合は、自分のワンちゃん、ネコちゃんが肥満グループの一員であることを知りましょう!
②病気が原因の肥満もあるため、病院でしっかりとチェックを行い、病気の予備軍ではないか調べましょう!
③病気の子は治療を行います。それ以外の子は、その子に合った理想の体重を決めます。
④決定した理想体重という目標に向かって、与えるフードや量を決めていきます。頑張りましょう!!

 

【ポイント!】

今まで、おやつを「沢山あげていた」という方!
自分の子に元気に長生きをしてもらうためにもダイエットは大切ですが、急におやつをゼロにしてしまうと、ストレスを感じてしまう子もいるかもしれません…。
そこで!
画像の図のように、今までは5cm位のジャーキーを1日5回、1本ずつ与えているのであれば、そのジャーキーを5等分位にして与えてあげれば、
おやつを与える回数を変える事なく、間食のおやつを減らす事ができるのです!!

 

【肥満から起こる怖い病気】

・足や腰が弱くなる(関節炎、立てなくなるなど)
・膵臓炎
・糖尿病
・皮膚疾患
→皮膚全体が弱くなり、細菌感染を起こしやすくなる。
→ネコちゃんでは、グルーミングをしなくなったり、出来なくなったりする。
気道が圧迫される事による呼吸器障害
・熱中症(暑さへの耐性の減少から)

ダイエットをする時は、飼い主の皆さんをはじめ、ご家族、ワンちゃんではお散歩友達の方々の協力も必要です。
元気に長生きをしてもらうため、理想の体重に向かって頑張りましょう。
「肥満を予防するにはどうしたらいいの?」「ダイエットをしていくにはどうしよう?」など、
分からない事や心配な事があるようでしたら、ぜひスタッフまで聞いていただけたら、喜んでご協力させていただきます。
「少しだけ太っているんだ。」と思われがちですが、その少しが病気の元になってしまいます。
ワンちゃん・ネコちゃんは自分たちでご飯の準備はできません…。
飼い主の皆さん、頑張りましょうね!!

みんなで一緒に頑張ろう!!

いいね!
1 Star
読み込み中...
ページトップへ